ゆべちぁんオフィシャルブログ

ゲームとか大好きです稀に現実のことも

日記40 深淵の視線は気がつかない

最近の趣味。

YouTubeで犬の動画見る。

シェルパくんかっこかわいいだけでなく、外国の情緒あふれる街並みもまた素敵。

 

それとアニメ見てます。

パワーパフガールズと悪魔バスター★スター・バタフライ。

地味にガチのマジでディズニーというカテゴリに意識的に初めて触れました。面白いっすね…。今まで病院の待合室でトムとジェリーを口開けながらほげ〜っと見てるだけだった。

 

今まで大雑把にこういうのカートゥーンっていうジャンルでまとめてみてたけど、カートゥーンって意外と歴史が深くて、最初は政治的な意味合いの方が主だったっていうなかなか興味深い。カートゥーンネットワークのアニメの印象しかなかった。

 

それはともかく、話のまとまりが秀逸で、なかなか面白い。話の内容も、アニメーションも、キャラクターも面白いが「話のまとまり」というか、完成度が凄く高い。アツい伏線回収やらなんやらと言った、話自体の「層」は薄いのかもしれなけど話の「形」が凄く綺麗だと思う。

 

物語の造形を楽しむオタクは是非悪魔バスター★スター・バタフライを見てほしい。

 

 

 

 

____________

 

 

人には決して言えぬことがある。

自分だけが知っている「破滅」のアイデンティティー…。

これも最近YouTubeで見ている動画で、「美少女戦士セーラームーンS 場外乱闘!? 主役争奪戦」というゲームのプレイ動画なのだが

なかなか面白いのでつい数時間見てしまう。

(これは個人的に好きな動画。内容は覚えてないので書けないが、ともかくマーキュリーが可愛い。)

 

なんというかかなり地味なので、正直見てても眠くなるだけだとは思うが、実はこのゲームEVOタイトルに選ばれただけあってかなり良ゲーらしい。コンボムービーなんか見てみるとかなりスピーディーで爽快感あふれる動きをしながらも、試合動画では差し合いの緊張感も凄まじい。バランスの良さからそれぞれのキャラの可愛らしさが十分に発揮されつつも、プレイヤースキルを高く求められるコアな要素も併せ持つオタクなゲームだろう。

 

そんな私ははっきり言うとセーラーマーキュリーの超必殺技で(エッッッッ!????)と思い画面を一時停止して、「アッ…エッッッッ!」となるような経緯を得て、無事対戦、プレイ動画を垂れ流す存在に堕ちたわけだが、ここで一つ私も知らない私の存在について話そうと思う。

今まで気がつかなかったが、私は自分でも気がつかないところで「二次元の女性が二次元の女性によって暴力に晒されているのを見るのが好きである。」という好みがあったのである。

勘違いしないでいただきたいのだが私には嗜虐的な嗜好はない。暴力に振るわれる女性に自分を重ねることで充足感を覚えるわけでもない。

 

以前どこかの記事で書いたと思うが、私は純粋さを二次元の女性に対して求めている節がある。私は自身の性癖として「シャブ漬け純愛モノ」が好きであるという自覚があった。それはそのキャラクターが本心から笑顔で快楽に身を委ねているからである。私は正直さが、誠実さが、本当に心の底から好ましいと考えている。なので、疑問に思ったのだ「果たして薬によって得られた快楽とは本当に心の底からの笑顔なのだろうか?」と。

それが以前の記事の大まかな内容である。

 

今回もまた大筋は変わらない。

女性キャラクターが女性キャラクターに暴力を振るう様は興奮する。

まず、男性キャラクターが登場してはいけない。

男性が暴力を振るう場合、大抵はフェアではない。世の中にはフェミニズムという考え方があるが、私も同感である。男性キャラクターの存在は公平性に欠ける。それに加えて男性が与える支配や恐怖は女性の恐怖を濁すだろう。女性にも公平性を齎すのであれば、簡単な解決方法が二次元には存在する。男性の存在を消してしまえばいいのだ。そうすれば暴力にはより純度の高い恐怖と怒りが生ずるだろう。

女性が絶対的な正義のもとで公平に活動する。

もう、もう、この響きが心地いい。

野郎は不要だった。百合豚の餌箱に。

 

次に暴力である必要性だが、これは暴力である必要はない。何故ならば、私は女性キャラクターには笑顔でいてほしいという気持ちが強いからである。

重要なファクターは「純粋さ」である。

暴力は純粋だろうか?

答えはYESではないが、NOも少し違うだろう。

絆という言葉が相応しい。

暴力を振るわれる女性キャラクターは可愛らしいということは周知の事実だが、そこで感じる恐怖はより根源的なものだろう。女性キャラクター同士による暴力は男性が絡んでくるのと比べるとであるが。しかし、一方的であればあるほどより根源的な恐怖が得られるのである。

まず可愛いキャラクターは魅力的である。可愛いキャラクターが暴力に晒されて、可愛いダメージボイスを出しており、そしてそこには純粋さ。より原初に近い恐怖を持っているだろう。

声には出さずとも、痛がらなくとも、目が大事である。あの目が大変魅力的に感じる。いつもの見慣れた風景が、薄ぼんやりと明るい光源がやけに記憶に焼きつく。人に等しく与えられる時間が永遠にように長く感じられる。痛み。etc.あの風景を閉じ込めた目を見るとそこに純粋さを見出し、好きになってしまうということである。

 

美少女戦士セーラームーンS 場外乱闘!? 主役争奪戦」は女性キャラクター、しかもあろうことかみんなのヒーローである。ヒーローとは正義をふりかざす純粋な存在であるが、セーラームーンも例外ではない。そして暴力。それは、最高過ぎますか?

ちなみに「美少女戦士セーラームーンS 場外乱闘!? 主役争奪戦」において私が好きなキャラクターはセーラーマーキュリーです。

超必殺技だけでなく知的な感じが理性的でいいと思います。ヴィーナスにぶん殴られた時の記憶が一生目の裏から取れないでいてほしい。

 

最悪過ぎる…

ちなみに今日はMMDを一生垂れ流せる動画サイトで「Sailor Mercury」で検索して

 

 

 

致しました。

最悪過ぎる2